3 Already

インフォメーションブログ

INFOMATION BLOG

プロテインの基礎知識 第一弾

プロテインを摂取している方、摂取しようと考えている方へ。

プロテインとは何か。プロテインのメリット、デメリットを踏まえ身体にもたらす作用を良く理解し自分にあったプロテインを選ぶ事が自分の目標とする身体造りの一番の近道になります。これからプロテインの基礎情報から重要性や効果的な摂り方などを解説します。

 

第一弾

目次

プロテインとは?

タンパク質とは?

プロテインはなぜ必要なのか?

一日に必要なタンパク質の量は?

 

 

 

プロテインの意味は?

 

日本語で『タンパク質』。

プロテインの語源は古代ギリシャの言葉で『Purotiosu(プロティオス)』

意味は『最も重要なもの』『一番大切なもの』

 

タンパク質とは?

人の身体は、筋肉・骨・内臓・血液・髪の毛・爪に至るまで、タンパク質で出来ています。タンパク質は炭水化物と脂質と合わせて三大栄養素と呼ばれています。

タンパク質は約20種類のアミノ酸が結合して作られており、その中の9種類は体内で合成できない為、食事などで摂取する必要があり、これを必須アミノ酸と言います。その中でロイシン・イソロイシン・バリン【BCAA】分岐鎖アミノ酸は筋肉のエネルギー代謝や合成などに深く関わってきます。

 

プロテインはなぜ必要なのか?

食事でタンパク質を摂取するのが一番良いのですが、卵・肉・魚などの動物からは脂肪分が、穀物・豆などの植物からは炭水化物を大量に摂取する事になりカロリー摂取過多となり余分な体脂肪をつける原因となります。

炭水化物や脂肪分を除去し精製したタンパク質含有率を高めたプロテインを飲むことで効率的に良質なタンパク質を摂取する事が出来ます。

 

 

一日に必要なタンパク質の量はどのくらい?

成人だと体重1㎏あたりタンパク質1gが健康的な生活を送る上で必要最低限な量となります。アスリートなどは、1gでは足りないので、2~2.5g必要となります。

 

計算方法:(体重㎏)×(タンパク質の量)=(一日に必要なタンパク質の量)

一般成人1㎏×1g

アスリート1㎏×2g

トップアスリート1㎏×2.5g

 

 

例:アスリート体重70㎏の場合 

70㎏×2g=140g(一日に必要なタンパク質)

 

食事でタンパク質を摂取しようとすると

・ステーキ700g ・卵20個以上 ・牛乳3~4ℓ

 

 

食事でタンパク質を摂取しようとすると大量の食事を余儀なくされます。また余分に脂肪などを同時に摂取する事になり過剰な体重増加に繋がります。ここで、プロテインを摂る事で効率的に良質なタンパク質を補充する事が出来ます。

 

 

 

今回はタンパク質の基礎知識をご紹介いたしました。

アスリートの皆様には知識を学んで、プロテインの必要性を理解した上でトレーニングの向上に繋げて頂ければ幸いです。

 

第二弾はプロテインの目的と、メリット・デメリットについてお話させて頂く予定です。

Author by Hitomi Takao